【FF14】2019年のプレイ雑感

「漆黒」でもメインジョブは学者のまま変わらず 新生FF14

2019年度も残り僅かになった。

振り返ってみるとリアルの方で精神的に参ってしまった年度に終始してしまったのが、心残りだ。反面、FF14は「漆黒」という新パッチが発売されたのもあり、概ね楽しくプレイした感がある。

2019年プレイ前半は蒼天のペア(2人)極討滅戦攻略

2019年の前半は「紅蓮」の最終パッチが公開され「漆黒」が発売までの期間は、お馴染み極ペア攻略に勤しんだ。

【新生FF14】3.×(蒼天)コンテンツ極ペア(2人)攻略:簡易まとめ
3.×(蒼天)コンテンツの極ペア(2人)攻略について、非常に簡易であるが、まとめてみた。

「蒼天」の極は「新生」のと比較すると、ギミック要素が強いものが多く「紅蓮」の時には全てペア攻略は不可能だと思った。攻略時間は相当、要したものの見事に「蒼天」の極ペア攻略が終了したので内心安堵した。

これから「紅蓮」の極ペア攻略が本格的に開始となるが、私が暗黒を出せる様になった反面、本来強力なシナジーヒーラーだった占星が「漆黒」の仕様になってから、私が殆ど触れていない状態になっている。つまり極ペア攻略で占星を出すのが事実上不可能になってしまった訳だが、今後これが如何なる影響を及ぼすか、未知数である。

「漆黒」でのメインジョブは学者だが白魔も使える様に

これは意外な誤算だった。元々ピュアヒーラーが苦手だった私だが、「漆黒」での白魔が咄嗟の回復に対して非常に強くなったのもあり、極でも普通に白魔を出せる様になった。

「漆黒」でもメインジョブは学者のまま変わらず

「漆黒」の戦闘コンセプトは「簡便さ」を売りにしてるので、例えば学者で言うと、DOT管理の数が減ったり、また手動癒やしが封印されるなど、最初は戸惑いもした。それもコンテンツを消化している途中で慣れたのは救いだった。

妖精の手動癒やしは、便利だったんですけどね…。

そんな中で私が一番受けたのは

破陣法(通称床パンチ)

破陣法(通称床パンチ)である!

床パンチも後々、MP消費が軽減され、益々使い勝手が向上したのは有り難い。

学者って、床パンチもさる事ながら、スキル名が「蠱毒」とか「死炎」とか…2ヒーラーと比較すると、地味ですね…。蠱毒術を扱う本場中国大陸の人は美人さんが多いとか?一族の名前は失念しましたが。

その他に陣にHOT効果が付与されたり、セラフィムに至っては2秒問題というのが未だに解決されていないが、両者共、非常に使えるものであり、IDまとめの時には、御世話になっている。学者でまとめ対処が容易になったのも非常に大きい。

白魔はゴリラ化に代表されるが如く、回復も火力も強くなった上に…

テンパランス

私の分身キャラには絶望的に似合わないテンパランスが登場!

改めて見ると、うーん、似合いませんねぇ…。

未だに使うのを躊躇したりする…。

サブジョブが暗黒になった

これも誤算その2。従来は戦士がサブジョブ的なものだったが、解放発動時の爽快感が無くなってしまい、どうしたものか?と考えている時、アドバイスを受け暗黒に触れたのが契機となり、今に至っている。

サブジョブは暗黒になった

暗黒は触れた経験が無いもののジョブクエの素晴らしさは既知だったが、いざ実際やってみると、改めて感動する。人間が持つ無意識な二面性を上手く描写しているのだ。80暗黒ジョブクエは一番最後が秀逸で、やり残した約束を完遂した際に影身が再登場し、多くは語らないが、お互い通じ合っているのには、寧ろ切なさを感じたものだ。

暗黒は楽しい!

皮肉にも「漆黒」で仕様が変わったが故に、暗黒に触れる機会を得た。この仕様に大きな変化が生じない限りはサブジョブは暗黒になると思う。

で…戦士のジョブクエが徹底的にギャグ化していますね…。

「漆黒」のストーリーは楽しめた!

【新生FF14】歴史学を勉強している人間による「漆黒」の感想
本記事には「漆黒」のネタバレを含んでいます。御注意下さい。 非常に読みにくいと思いますが、今回の記事はSSをあまり掲載していません。皆様、自分自身のキャラクターで「漆黒」の余韻に浸っていると思いますので…。

上の記事にも書いたが、「漆黒」のストーリーは楽しめたから、メインクエを終わらせた後は、何回もムービーを見ていたぐらいだ。

この漆黒の感想記事と蒼天の極ペア攻略記事は、ツイッター上で多く拡散されていました。お目に触れて頂いた方、有り難う御座います。

ところが5.1のメインクエは簡単に感想を述べてみるが、5.0と比較すると、かなり失速した印象であった。特に前半の元の世界に戻る考察をする展開は、説明文的な台詞要素が非常に多いのは気になった。

5.1メインクエの前半は辛かった…

しかし後半のチャイ夫妻絡みの話は爆笑したぐらい面白く感じた。

チャイ夫妻は良いキャラですね。特に婦人の見た目に反して純粋無垢な所が好きです。これに関しては後程、記事を書きたいと考えています。

5.1はリアル引っ越しや、仕事を終えた後の帰宅時間が遅くなっているのもあり、極周回をする気力を喪失してしまった。次のパッチでは普通にプレイしたいと思っている。

5.1パッチ前半メインクエのくだりが、やや気になるが、現状として「漆黒」は充分に楽しめている。

「漆黒」でお気に入りの装備はフッブートヒーラーシリーズ

装備の話。「漆黒」でも魅力的な装備が多数実装された。

私が一番好きな装備は…

フッブート装備である

フッブートヒーラーシリーズである。

リアルでは、かような格好は絶対にしないが、リアルで為さないからこそ、好みのツボにはまってしまったのかも知れない…。

という感じで1年間遊んでいました。

今年1年間、この過疎サイトにお越し頂きまして、有り難う御座いました。私は他者と交流していないので、所謂「普通のプレイ日記」を書けません。それにも関わらず、ツイッター上で私の書いた記事をツイートして頂いた方、またツイッター上で交流して頂いているフォロワーさんには、感謝しています。

2020年度も細々と更新していますので、宜しくお願いします。

おまけのSS

最近ツイッターに掲載したSSです。

ベネ発動時のアクション

非常に臭い文章添えてツイートしている私が恥ずかしい…。

天体観測中なのです

これは、寒さを象徴しているクルザスで撮影すべきでした…。

撮影場所を考えよう…

撮影場所を考慮すれば、映えたかも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました