このMMOを今でも好きな人は、読まない方が賢明です。

「ドルアーガの塔 ~ the Phantom of GILGAMESH~」とは?

何気にPCのフォルダを覗いてみたら、懐かしい動画を見付けた。2016年3月でサービス提供終了となった「ドルアーガの塔 ~ the Phantom of GILGAMESH~」である。足掛け8年間続いていたこのMMOは、私にとってオンラインゲームデビューなゲームである。

サービス開始の2008年当時はMMOが多く量産された時期であった。1984年に発売された「FC版、ドルアーガの塔」をプレイしていた世代からは、オンラインゲーム化が大いに注目された。ところが、実の所、リアル時期にFC版をプレイせず、「ドルアーガの塔」の世界舞台が「バビロニア」だったから、という理由だけプレイしていた。

ゲームの概要としては、60階に及ぶ塔を1人で攻略するのだが、各階にエニグマ(謎)が設定され、特定条件を満たすと、それが解明される。解明された報酬として、塔攻略に役立つアイテムが貰える。MMO版では、その塔をPT組んで攻略し、勿論、エニグマも解明するという謎解きを楽しむ要素があった。

またオンラインゲームとしては、初の試みであるクロスメディア展開がされており、アニメ放映やマンガ連載も企画されていた。アニメに関しては評判は良かった模様。

しかし、塔に入ると強制的にレベルが各階×2になってしまうので、レベルキャップ解放されても、塔には直ぐには登れず、否応なしにレベリングを余儀なくされてしまう。現レベルの半分値が登れる階数になるのだ。例えば、レベル30であれば、登れる階数は1~15階までになる。おまけに、そのレベリングのマゾさは、往年のMMOに相応しいもの。当然、デスペナも非常に厳しかったので、レベリングは苦行の域だった。

塔システムは、斬新この上無かったのだが、他にコンテンツと呼ばれるものが、他に存在せず、圧倒的なコンテンツ不足だった。新コンテンツの実装が遅々として進まず、やっと実装された途端に臨時メンテの多発や一時閉鎖、あまつさえサービス提供終了まで未実装に至ったケースが発生。更に、運営会社と開発会社が何度も変わり、ゲーム内やニコ生でも、プレイヤーとの座談会を開催するのも、運営方針は迷走。遂には、最後のディレクターが誰だか分からず仕舞というお粗末さ。

基本プレイは無料なのだが、金儲け主義の運営体制によって、人が瞬く間に減少。最後は、ゲームバランスを大崩壊させ、PTを組むのが前途である塔内、特にボス戦ではソロで討伐可能という有り得ない事態になる。金持ちプレイヤーだけを相手にする悲しいMMOになってしまった。カミングアウトするが、最後まで残っていたフレンドが、「給料を前払いにして貰い、リアルマネー20万円分を課金した話」を聞いた時、私は絶句してしまった。勿論、私も相応の重課金をしていたが、重課金の対価に見合っていない運営体質に見切りを付けたのだ。

何故なら、自業自得とは言え、この頃、垢ハックの憂き目に遭ってしまった。無事に装備品は戻してくれたが、一気に熱が冷めてしまい、そこから、引退当然となってしまった。ゲームバランス大崩壊の前に引退したのは、不幸中の幸いだった…。

引退した後も運営ブログだけは、目を通していたが、記事に対するコメントは批判の嵐ばかりで、信用の失墜によってサービス終了の時期は、近い将来かと思いきや、意外にも私が引退した後も4年間、続いていた。サービス提供終了のニュースを聞いた時は「当然だ」と冷静に受け止めたが、ラスボスであるドルアーガを討伐した直後で、尚且つサービス終了の約2週間前での告知は、現役プレイヤーからすれば、寝耳に水だったであろう。

ともあれ、最終日だからという理由で、臆面も無くINしたのだ。

サービス終了瞬間時の動画

注意!:音出ます。かなり大きいので気を付けて下さい。

この動画の前にもGMと一緒に各エリアを帆走するイベントを撮影していましたが、90分以上もある長さに加え、自鯖に上手くUP出来ない為(本当御免なさい)、サービス終了の瞬間だけをUPしました。音楽が途切れているのは、滅茶苦茶、重かった所為だと思います…。最終日は600人ぐらい居たそうです。拡大すると辛うじて分かると思いますが、最後の最後に、何故かコロシアムでのイベント発生を誤告知しています。

後、スカイプやツイッターアプリの効果音も入ってしまっています…。こちらも御免なさい。

民度とインターフェイスは優秀

オンラインゲームとしては、「クソゲーの極致」と言った所で、「4亀」でも総じて評価は低かった

ところが既述した様にオリジナルが発売されたのが、かなり昔なので、プレイヤーの民度は総じて、大人が多かった。鯖も1つしか無かった程のプレイヤー人口だったのもあるが、個人的に御世話になった人は、紳士淑女だった。最も、掲示板スレと御常連となっている人と、お友達になったので、巻き添えを食らう頻度も高かったが、不思議な事にゲーム内での理不尽な嫌がらせを受けた事は、無かった。

ただ、鯖が1つしか存在していないが為に、レベリング可能な狩り場は自ずと限定され、狩り場を巡るトラブルには見舞われた。掲示板でもお馴染みのトラブルメーカーは某アニメ名を冠していたので、今でもそのアニメには嫌悪感がある。坊主憎ければ袈裟まで憎い。

交流ギルド絡みでは、と或るお二方には懇意にさせて頂いた。この方々には、リアルで会ったり、スカイプでVCする仲にも昇華したのだが、ゲームで遊ぶよりも、ギルドチャットで社会問題について話し合う機会が多く、知識の見聞が広がった。これぞ、様々な人と一緒にプレイするオンラインゲームの醍醐味。

インターフェイスは使い易かった

そして、インターフェイスの使い易さは、今までプレイしたMMOでは、他の追随を許さない程の秀逸さだった。視覚的に操作可能だったのと、特に、タブウィンドウが何個でも作成可能だったのは、チャットがやり易くなる利便があり、非常に有り難いものだった。当然、他のオインラインゲームに於いて、タブに絡みでは、悪戦苦闘するハメに陥る。

GMとユーザーの距離が近かった

酷い運営体質とは一転、GMとユーザーの距離が非常に近かった。その為、人気のあったGMも何人か存在していたし、途中で頓挫してしまったが、GM自身がプレイヤーになって、一緒にプレイする企画もあった。GM主催のイベントは盛り上がっていたが、民度の高さと人口の少なさ故の産物なのかも知れない。

(デ)バッファーヒーラーが私の最適な役割

このゲームでは、6キャラを作成したのだが、一番最初のメインキャラは、「オラクル」というデバッファーヒーラーだった。デバフでMOBの能力を削ぎ落とすヒーラーを一番最初に選択した為、何故かピュアヒーラーを操作しても、しっくり来ない。現在プレイしているFF14でも、ヒーラーとして最初にピュアヒーラーの白魔を選択したが、奇妙な違和感を感じていた。そこで操作が非常に面倒故に敬遠していた学者に触れた事で、遣り甲斐を感じた。デバッファーヒーラーのオラクルとは異なり、学者はバリアヒーラーだが、バリアを張る事でMOBの攻撃を軽減するのが、楽しい。履行技の時にバリアを張るのを自己満足している。つまり、私はピュアヒーラーが性分に合っていないのだ。

一番最初に選択した役割はゲームが違えども、後々、継承されるものかと、我ながら不思議に思う。否、これは私だけなのかも知れぬが。

クソゲーだったけど、思い出深いMMO

…と書くと、往年のプレイヤーから怒られそうな気がするが、正直な所、運営さえしっかりしていれば、私も途中離脱は無かった。民度の高いプレイヤーで構成されていたので、私自身は最初のオンラインゲームにも関わらず、肩肘を張らずにプレイ出来たのは、他ならぬ、皆様のお力添え。だから今でも思い出深いのだ。

昔、撮影したSSを見ると、ふと思う。

「あったけぇMMOだったなー」と。