【新生FF14】「紅蓮」最後の記事

こう見ると意外に細身なメインキャラ 新生FF14

昨日はメイン、サブっ子共々「漆黒」へ向けての準備を行った。

サブッ子、「紅蓮」のメインクエ終了

なかなか着手していなかった、サブッ子の「紅蓮」のメインクエを昨日、終了させた。

サブッ子、メインクエ終了

その内に進めようと思っていたのだが、気が付いたら「漆黒」の間際になっていたので、慌てて「紅蓮」の残りクエを終了させた。この時期を逸するとIDのマッチングに時間を要すると判断したからである。

クエの結末を全て知っているので、サブっ子で進行する際はあらゆるムービーをカットしたのだが、それでも相応の時間が掛った。

サブっ子も準備万全!

懸案事項であったサブッ子のクエ進捗が大幅に捗った。

「漆黒」のアーリーアクセス権利も購入終了

そして、一番重要な「漆黒」のアーリーアクセス権利も昨日を以て、購入を終了。Windowsのダウンロード版を2垢分購入した。

特に欲しいアイテムが存在しないので、恒例購入していたコレクターズ云々を選択せず、ごく普通の一番安いやつを購入した。アーリーアクセス権さえあれば他は不要なのと、今月は異様な無駄使いをしているので、ここで節約をしている。

特典コードは既にモグステにて登録済み。

これでメインもサブっ子も「紅蓮」に向けての準備が「完全」に整った!

「漆黒」で最初に上げるジョブを考える

当然であるが「漆黒」はメインキャラを一番最初にレベリングを行う。

こう見ると意外に細身なメインキャラ

こう見ると私のメインキャラは細身に見えますね。長いブーツを着用しているからでしょうか…。体躯を最大の屈強に設定しているんですけどね(笑)。

そこで最初に考えるのは、自分のプレイスタイルを考えつつ、何のジョブを上げるべきかどうかだ。

極を周回したら戦闘系コンテンツは終了。そして、暇な時は「掘り」と「刈り」の金策中心なプレイスタイル。

故に…戦闘系はメインジョブである「学者」を最初に上げ、その次に「採掘」と「園芸」を優先的に上げるつもりだ。

学者に関しては慣れが必要と考えているので、極の周回は何時も以上多めに行う予定。学者視点によるフェイスの試遊動画を見たが、ペットを操作する必要が無いのと、DOTを撒き散らさない仕様に違和感を覚えてしまった。ああ、これが「漆黒」の学者なんだな、というイメージは掴めたと思う…。

採掘と園芸を上げる!

次に「漆黒」ではギャザクラ向けのエンドコンテンツである「イシュガルド復興」が実装される。これが個人的に楽しみで、私はギャザラーのみで参加してみようと考えている。

「イシュガルド復興」はプレイヤー単位では無くワールド単位で進行されるので、MMOらしく皆が協力して進める醍醐味が味わえる。これは非常に興味深い。

復興に着手するには如何ほどの装備が必要なのか、その装備を準備可能な資金を工面する金額を所持しているかどうかの不安要素もあるが、存分に楽しんでみようと考えている。

クラフターと漁師に関しては、これで金策をしていないので後手に回す。「漆黒」開始から大凡2ヶ月以内でレベリングが終了するのを目指す。「紅蓮」の時もアーリー開始から2ヶ月後の8月中旬にはギャザクラを全て終了したので、「漆黒」も同様の目安を考えている。

ギャザクラが一段落したら、残りの戦闘系ジョブである戦士、占星、白魔、ナイトの順番でレベリングを行う。タンクとヒーラーしか上げないので、こちらもレベリングには時間が掛からないと思う。

「漆黒」でもマイペースで楽しむ!

さて「漆黒」もマイペースで楽しむ感じになりそうだ。マイペースな分、金策は何時も以上に頑張り、土地が拡張される時期に備えていきたい。

という決意をした時に限って何かと散財するから、ギルが貯まらないという!

伝承録で稼ぎます!

また伝承録とクリスタル精選で稼がせて貰いますぜ、うひひひひ…!

以上「紅蓮」最後の記事でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました