成り行きでナイトのレベリングを再開した。

クロ手帳がそもそもの発端

久々にもんち君がINしたので、アメノミハシラのペア攻略を再開した。

60階で一旦休憩

「魔土器も揃っているし行ける!」と思って意気揚々と挑んだ前回の結果は、私のミスで僅か69階にて轟沈という凄惨たるものに終始。

「今度こそ!」と決意を新たに何度目かの正直になったか分からないが、挑む。

60階のボスを撃破した所で

「飽きた」ので、気分転換に「クロ手帳」をやる事にした。

極ペア攻略の話になる

相変わらず2.×の極コンテンツは、ペア攻略で淡々と消化する。

今回私のお題だった蒼天の極は、ビスマルクとナイツ。

2つ共、戦士×2のペア攻略は可能なので、楽して消化可能なビスマルクを選択した。

その途中、極ペア攻略の件について言及し、ヒーラーの役割も兼務するナイト×2でも蒼天の極ペアを攻略する話で盛り上がる。

矢張り私がナイトを出せる様になると極ペア攻略の幅が拡大するので、レベル36で止まっていたナイトのレベリングを再開する事にした。

もんち君、まさかのヒーラー

折角私がレベリングをするので、もんち君もレベリングが止まっていたモンクの分を再開しようとした。ところがモンクは60まで上げているので、最初は私がナイトを冒険録で上げるのを提案する。

しかし冒険録で上げるとスキル回しが覚束ない弊害が生じるので、普通にIDで上げた方が良い、ともんち君からの助言を受け、それに従う。成る程、確かにそれは最もな道理だ。

もんち君側はナイト60まで上げるのを待つ時間を有効活用する目的も兼ね、一番苦手としているヒーラーを上げる事になった。

普段はタンク一辺倒なので、ヒーラーの気持ちを理解したい、という訳で、苦手な領域に敢えて挑戦。

意外に男気があるのである。

元々蒼天の時にジョブをナイトにするのとストンスキンを修得する為、幻術を34まで上げていたので、私のナイトのレベル36にも近い好都合もあった。

早速白魔にジョブチェンジするべく、クエを受諾していたが

今は、ベースになるクラスが1つでも上がっていれば、ジョブにチェンジする仕様になっているとは、露知らずであった。

かくして目出度く、白魔にジョブチェンジしたもんち君。

私は戦士のレベリングの際はIDで上げていたのだが、低IDはすっかり忘れているので、2.×シリーズから現役バリバリのタンクであるもんち君に道を聞いたり、適切なMOBを釣る箇所の指南を受ける。

ヒーラー初心者なもんち君の要望で、最初はサスタシャで様子見。

そこで徐々に慣れて来て、他の低IDにも行ってみた。

レベルが上がるの早い…

レストボーナスの恩恵もあるのは確かなのだが、レベルが上がるペースが早くて、逆に戦々恐々する。

連休始めはこんなレベル帯だったのだが…

今現在のレベル

現在、レベル51まで上がっているという…(SSでは50になっているもんち君も現在51)

何、この異様なレベル上げの早さは…!と驚愕した。

低IDに行って思った事

エキルレでは、まとめて攻略するのが常なのに対して、低IDはIDらしい構造。特にノーマルストーンヴィジル、ゼーメル、オーラムは良く考えられたIDだと思う。考えてMOBを釣らないと、阿鼻叫喚の地獄が待ち受けているからだ。

低IDは良い練習場

もんち君は「白魔でヴィジル大丈夫かな…」と珍しく戦々恐々していたが、蓋を開けてみると、全然問題は無かった。

ただ火力は凄まじいわ、更に先釣り上等な人なので

結論、どう見てももんち君は、タンクが適職である。

かような行為をするので、基本、私と一緒では無い限り白魔はやらないそうだ。

私の方は既述の3IDでは危ない橋を渡るハメにはなったが、PT全滅の憂き目に遭う事も無く一安心。

特にオーラムは戦士の時、1回しか行っていなかったので、内心ドキドキしていたのだ。

タンクらしさを体感するには、あのIDは丁度良い練習場になる、そんな印象だった。

後はナイトのスキル回しがまだ慣れていないので、こればっかりは場数を踏んで慣れるに限る感じだ。冒険録の未使用は正解な選択だった。

さて、低IDに行って思った事がもう1つある。

低ID装備を自作する

装備更新が大変なのだ。

低ID装備品をマケで買うのを考えていたが、Shinryu鯖が鎖国しており新規が見込めない立地であるのも手伝っている所為か、低ID装備のHQが意外と高価だった。レベルが上がる度にマケにて装備を確認し、素材を買って自作する方が遙かに安く済むので、それをやっている。

しかも素材は殆ど在庫処分している悪手もあるので、装備品を作るだけでも異様な時間が要する。そこは自作可能なだけでも、マシだと割り切っている。

年明けにレベリングが終わりそう

こんな調子でレベリングが好調なので、ナイトのレベリングは年明け早々にでも終わりそうな予感がする。

パッチ4.5が控えているので、暫くはナイトで遊べないが、4.5が終わったら、ナイトで蒼天の極ペア攻略に着手したいと思う。

たまには低IDにも行って遊ぶのも一興だ。