ふうう…、かなり、さぼっていた割には、意外と短時間で完成したものだ。

フヴェルゲルミル完成!

フヴェルゲルミル完成!

黒武器のアニマウェポンである、フヴェルゲルミル完成!

だが、何だ、この鬼の様な地味武器はー!

意外だな、と思ったのは、発光さえもしない事。まぁ、以降の段階を経て、発光する状態になるのだろうけど。暫くは、これで、戦う次第だ。

と書いたものの…

フヴェルゲルミルを生産するにあたり、ID周回は、殆ど、学者で行っていたのだ。何故なら…

通常IDは殆ど学者で行った

IDがほぼ、即シャキする為だ!

即シャキのお陰で、ID周回が、今までの武器生産の中で一番、捗ったのは、嬉しく思った。

武器生産時間は約40日間に及んだが、実は、年末年始の会社が休みの週では、禁書カンストさせるだけの60ID周回のみであったし、残りの素材が詩学だけになった途端、ギャザラーの青貨収集に勤しむ有様!故に実働期間は30日だったのかも知れぬ…。

詩学・法典周回おすすめID

詩学・法典ID周回は、毎日の日課として

  • 60IDルレ
  • 50IDルレ(一番重要)
  • レベリングルレ
  • 討滅ルレ

以上4つのルレは最低限行っていた。

詩学・法典の両方が入手出来る50IDルレは、特に最優先にしていた。以上のルレ巡りが終わると、入手が楽なIDの周回を続けた。

詩学おすすめID:「古城アムダハード」

詩学おすすめID:古城アムダハード

詩学100貰える3つのIDの中で、断トツにおすすめなのが「古城アムダハード」。ルレを回した後は、ここを主体に周回。ボス戦も、難易度低い上に、2ボス戦からラスボス戦に繋がる戦闘が、移動せずに終了する、というお手軽さが、最大の特徴。

残り2つのIDについて追記するならば、「ワンパレハード」は、可も無く不可も無く。ただ、「アムダハード」と異なり、2ボス戦からラスボス戦に至る道中が、しっかりと存在する。

「黙約の塔」はメインクエのID故に、初見さんが紛れる事も多い。手練れのPTメンであれば、問題無く行けるが、初見さんや慣れていない人には、非常に敷居が高いIDと思われるので、攻略に若干手間が掛かる可能性がある。従って、周回不向きなIDである。

法典おすすめID:「フラクタル・コンティニアム」

法典おすすめID:フラクタル・コンティニアム

法典100貰える50IDの中では、「フラクタル」が、おすすめ!こちらは「アムダハード」と同様にボス戦の難易度が低い。もう1つのIDである「ネバーリ-プ」とは雲泥の差。ここは黒が「ヒャッハー!」出来る数少ないIDなので、黒で行く事もしばしば。

法典120貰える「魔科学研究所」は、初見さんが居ると160貰える。初見さんが居ると、「旨いID」になるが、道中にアイテムが出ないのと、こちらも攻略に若干、時間が掛かる。こちらは、お好み、と言う感じ。

尚、法典優先でID周回していた為、「シリウスハード」と「植物園」に、行く事は皆無に等しかった。60IDルレボーナスと「フラクタル」で、禁書を稼いでいた。

この他に、「ノーマルアレキ10周を3セット」、蛮族クエは、「アマルジャ・コボルド・サハギシ・バヌバヌ」以上を平行して行っていた事も追記する。

3.2が来るまで、「あきんど」に専念

みんなも武器作り頑張ってね(武器作り離脱なう)!

という事で、無事に黒武器の生産が終了。次は学者の武器に着手したいのだが、こちらは緩和された後に、再開する予定。

3.2が来るまで、「あきんど」に専念していて、現在、青貨・赤貨を中心に活動している。次回は非常に分かりにくい蒐集のスキル回しについて、簡単な解説を紹介してみようと思っています。

ファイナルファンタジー14・攻略ブログ