今回はリアルが絡む記事。皆様、歯はくれぐれもお大事に…。

歯周病寸前な歯

ここ最近、体調不良の日々だったのだが、それに発破を掛けたかの如く、月曜日の晩から右奥歯から痛みが発生した。正確に言うと歯では無くて、歯肉である。翌日火曜日に至っては鎮痛剤の御世話になるぐらいに痛みが酷くなった。

歯肉の痛みに絶望している

原因は分かっていて十数年前に親知らずを抜歯した際、右奥歯の歯は親知らずの起因による虫歯にやられてしまった。神経を抜いて銀歯を被せていたのだが、今回の痛みはそこからの発生源なのだ。

神経が抜かれているので、本来は歯自身から痛みを感じない筈なのだが、どうやら私の歯の磨き方が絶望的に下手なので、奥歯に歯磨きが届いていなかったらしく、溜まりに溜まった歯石によって歯肉に炎症が起こっているのが痛みの原因だ。そして、歯周病になり掛けている寸前らしい…。

歯肉の痛みは想像を超えていて、正直PCの前に立っているのも億劫なぐらいだ。この日記も鎮痛剤が効いている時に書いている。仕事は鎮痛剤を飲みながら気合いで乗り切っているので、終業時の疲労感が困憊状態なのだ。

当然、とてもFF14をプレイする気力も起こらないし、仮にプレイしたとしても、寧ろ事態は悪化する一方なのは必定だ。

歯を食い縛る癖が痛みの原因

実は仕事や遊びで一生懸命になる時、歯を食い縛ってしまう癖がある。

FF14プレイ時も当然その傾向があり、普通のID如きでも気が付いたら、歯を食い縛っていた…というのが、ごく普通にある。

日常、歯を食い縛る癖が奥歯に相当な負担を掛けているのもあるし、歯磨きが届いていない最悪な事態も重なってしまい、奥歯の歯肉が炎症を引き起こしているらしい。という歯医者の診断結果を下された。

歯を食い縛る癖が炎症の原因

無駄に歯を食い縛る癖は「噛みしめ症候群」という心因性の病名もある模様。

ゲームサイトなので詳細は書かないが、噛みしめ症候群は自分が悩んでいる病気の原因にもなっているので、思わず納得してしまった。

たかがゲームで歯を食い縛るのは一笑に付されてしまうが、些末な事で一生懸命になってしまうのは私らしいと言った所か…。

流石に懲りました…

とは言っても歯というものは、健全な体を形成するには非常に重要な部分である。

ご飯も思う様に食べられないし、毎日の痛みで疲れてしまい、会社から自宅に帰宅すると直ぐに就寝するという面白味が全くない生活になってしまった。

歯を食い縛る癖については後日改めて考える事にし、目下やるべきものは、歯の磨き方についてだ。流石に今回の一件で懲りてしまい、歯医者から歯磨きの指導を受け、更に1日2回歯磨きをする事にした。

流石に懲りました…

折角年休消化して、FF14をのんびりプレイする感じで過ごしたかったのだが、急遽、歯周病寸前の事態に陥り、改めて体調管理の甘さを痛感した。歯の治療が終わるまで大人しくしています…。

不幸中の幸いだったのが、病院が休みになる年末年始に痛みが発生しなかった点だ。これは奇跡かも知れない…。