まだ「紅蓮のリベレーター」を予約していない人が、書く日記。

エアシップボイジャーが、Bばっかり

見事にちんでいます…

散々たる酷評だった、リニューアルな空島。

しかし酷評であっても空島需要は、ある模様で、マテリジャ金策をしていた、もんち君にとっては、大きな痛手だった模様。

せめてもの頼みの綱として、エアシップボイジャーに一縷の望みを掛けている。

性能を重視しているのに…

先月から、やっと4隻目がランク50に到達し、飛空艇の性能は、全てそれなりだ。とりわけ、探査性能が重要だと思い、4隻目以外の飛空艇は、探査性能を140以上にしている。内1隻は150を超えているのだが…

Bばっかり…

何故か報酬ランクは、Bが殆ど。更に言うなれば、マテリジャを持って行く頻度が極めて低い。

以前はこの性能でも、マテリジャを、そこそこ持ってきてくれたのだが、体感的に3.5パッチ以降、エアシップボイジャーの報酬がド悲惨の極致に陥っている。

「パーツ整えるのを考慮」と言われても、これ以上、整え様が無い。「たまたま、結果がBランクだった」では、通じない結果続きに、閉口している。

フライングダッチマン号の構成パーツは、「インビンシブル級船体・インビンシブル級気嚢・ヴィルトガンス級船首・インビンシブル級船尾」。巡航速度や航程距離を犠牲して、船尾を変えてみる手もあるか…。

折角大金を果たして、自力でパーツを工面したのに、残念な結果である。

窮余の一策の金策

実は、INする時間が非常に短くなった為、ギャザクラの赤貨を全くやらなくなってしまった。つまり、私自身が金策を行っていない状態な訳だ。それでも、飛空艇パーツがマケボで下落しているので、数パーツを購入出来たし、今現在、何とか所持金は100万ギルを維持している。

色々と思う事があってIN時間が短いのだが、この状態は、まだ当分続くので、ギャザクラでの金策再開は、先の話だ。

では何で金策しているのかと言うと…

①全く使わない素材を殆どマケボで売り出した(これだけで1000万ギル近くになったので飛空艇パーツを購入)

②伝承50で交換可能なデミクリスタルを手数料が取られないNPC売り(売値は、3500ギル。ただし時々マケの最低価格が4000ギル以上になる時があるので、その時はマケ売り。売れなかったら、NPC売り)

③ベンチャー可能なリテイナーが5人居るので、ほりだしもので、良ものは、マケ売り。特にレアカラアント系で10万ギル近く(それ以上の時も)稼げる

レアカララント売りも、おいしい!

アレキ零式天動3層がRFで、事実上練習不可

笑えるのがRFで練習不可能な現実。

零式のRFはオワッタ…

最近はPT運が悪く、1層をクリアするまで、3回もギブを経験したり…等々、明らかより去年の方が、一発でクリアする確率が高かった。

運搬の途中でMTのHPがごっそり減っていたり…とか。あれ?と思った瞬間、MT死亡とか…。遂に、1層まで鬼門になったらしい。

まぁ、今の私にとって零式なぞ、どうでも良い代物。それでも、相方のもんち君は、既に零式4層をクリアしているので、付き合って貰うだけでも感謝だ。

あと久々に極ズルワーンをやったが、ギミックを色々と忘れていたという。クリアしたけど、聖典より強い戦士斧までトークンあと3つ…。長く感じる…。

4.0まで気楽に遊べるコンテンツが欲しいと思う今日この頃。

FINAL FANTASY XIV(FF14)ランキングへ