更新が御無沙汰になってしまったが、毎日がFF14三昧と化している。フレさんに連れられてIDに行ったり、職レベルを上げていたり…等々。特にレベルが一番低い私に対してフレさんが、ギルドオーダーにてレベリングにお付き合いして下さったのは、恐悦至極…。ドルでは、所持職を全部カンストさせるという廃プレイをしていたのだが、こちらの世界では、そんなプレイが、なりをひそめている。ドルはもう引退しようかな…。フレさんが睡魔に負けて脱落した後は、自力でレベルを上げ…

ff_107.jpg

黒魔道士が漸くカンストした!

黒魔のAFは、従来のFFシリーズのデザインをほぼ踏襲しているので、当然顔が殆ど見えないー。帽子を取ったものの、顔半分下が見えないという…。ギルドオーダーでレベリングをしたので、所持金が10万ギルを越えた。そこで装備品を少しだけ高性能のやつを購入した。つなぎの装備品としては、申し分ないと思うのだが…。

さて話変わって、前回の記事の続きだ。実はプレイに集中し過ぎてSSは、あまり撮影していなかったり。

ff_108.jpg

ゼーメルへのお誘いを受けたので「掃討作戦ゼーメル要塞」を開放した。行く予定は無かったので、予習も何もしていない。当たって砕けろ!的な感じで攻略に挑戦してみた。ゼーメルは、なかなか面白い趣向のIDになっている。無敵な目玉が徘徊しており、更に手痛い攻撃を繰り出すので、クリスタルのある所で戦えば、ダメージを軽減させられる。中ボス戦では光のクリスタルが発光している場所に移動しながら、戦うのも楽しかった。

ff_109.jpg

中でもタウラード戦はザコが繰り出す、火の玉の多さに、逃げるのが面倒。逃げる先には着弾を示す範囲攻撃マークが表示され、その度に魔法詠唱が無駄になるので、後衛職泣かせ。気分的に「逃げ惑う一般市民」だった。

ところで困ったのが、ボスであるバトラール戦である。即死級の可視攻撃である「デソレーション」を何回も食らって、その度に床ペロリ…。自分的に避けている「つもり」のだが、ネットでぐぐってみると、デソレーションは表示されている範囲よりも、大きいとの事だ。私は範囲攻撃をギリギリラインで避けているので、かなり手痛い…。これは練習するに限るな!どのみちグラカンの昇級クエで再び訪問するので、その時には少し成長している事を願おう!

そして一番問題だったのが…

ff_110.jpg

弱ガルーダ戦がトラウマになってしまった事!

SSも必死だったので一枚も撮影していなかった。岩に隠れる時に悉く、床ペロリ…。私的には岩を壁にして隠れていたつもりなのだが、横に居たフレさんが無傷で私が床…という展開に…。うわーこれは全く分からない、何故ー?どうやら、ここでも隠れている「つもり」になっていたそうだ。1日目は何十回とリトライしたものの失敗したが、その後日でのリトライは2回目で、あっさりと終了。とは言ってもその時、2回目の岩に隠れる時、見事に床に…。ただ、岩が消えた後の戦いの方が寧ろ楽であった。ガルーダの位置で、自分が移動すべき場所を把握していたお陰で、後半戦はスムーズに討伐した。タンカーなフレさんが身内用の解説マクロをわざわざ作成して下さり、感謝感謝!

今回はタンカーなフレさんとヒーラーなフレさんに協力を尽力して頂きました!有り難う御座いました!

 ファイナルファンタジー14・攻略ブログ