やっと節目となるレベル10のジョブクエストが終了!同時に宿屋とギルドリーヴも開放されたので、少しは冒険の幅が広がった。で、漠然とクラフターをやりたいと思っていたので、早速他の職のギルドに向かう。

ff_04.jpg

見ればお分かり頂けるが、裁縫師になった次第だ。後衛職なので、後衛の防具が生産出来ると良いかな、と単純な思いで、裁縫師になった訳だ。初めて生産をしたのだが、これは凄い!本当に生産しているよ!とカルチャーショックを受けましたよ。

今回のプレイはこれにて終了!懸案事項の3D酔いは、大分緩和されたが、時々「うえ~」となるので、もう少し慣れが必要かな?ともあれ、アーリーアクセスの期間まで、wiki等で予習をせねば。次回に向けて楽しみも取っておいたので、今からわくわく!

ff_05.jpg

面白いな、と思ったのは、「生産する時には、その職の装備にしなければ、いけない」所だ。切り替えも楽に出来るのは、痒い所に手が届く仕様と言うべきか。

ff_06.jpg

で…呪術士スタイル。くくくく…これからどんどん、まっ黒くなっていくのでしょう…。

最後に、ウチの子の名前でも紹介。

Vostok Dingir(ボストーク・ディンギル) Tiamat鯖に居ます。

分かる人には分かるのだが「ディンギルだから、ティアマット鯖に居るんだね?」という突っ込みは看過します。本当に偶然なんだからね!ドルのウォーと同じ名前なのだが、黒髪のキャラを作りたかったので、こいつと同じ名前にしたのだ。