巷間では5月下旬に実装される4.3パッチが、取り沙汰されているが…

パッチ4.3、何それ?

その話題をぶった切って、他の話題、しかも今回は自分の身に起こった事を記事にする人が、ここに居るのだ。

異変は昨晩に起こった

2ヵ月程前、私は会社にて、人から煎餅を貰ったのだが、煎餅を食べた際に、右側の奥歯に詰めていた銀歯が取れてしまったのだ。「これはやばい!」と思って、行き付けの歯医者に予約をしたのだが、生憎、1週間以上先まで予約が埋まっている状態だったので、その内に行けば良いという認識に止まっていたのだ。

そして、年休消化の為、4月は毎週金曜日を休みにしたので、休みの日に歯医者へ行くのを検討していた。しかし、先週の金曜日は翌日に用事があった為、この日には歯医者へ行かず、今週の金曜日に行く予定だったのだ。

ところが、呑気な本人とは裏腹に、虫歯の進行は、思わぬ形で生じてしまった。

だるくて、だるくて…

異常な程、昨日は気分が意気消沈していて、洗濯をし始めたのが夕方16時過ぎた頃という刻限。昼食も殆ど取らずだったので、翌日は会社もあるから、晩御飯ぐらいは普通に食べるべく、近くの弁当屋まで出掛けた。

弁当を買う(イメージ図)

休みの日の夜という訳で、弁当屋には注文した弁当を待つ多くの客で賑わっていた。私は予め作られていた弁当を買ったので、直ぐに店から退出した。接客に応じてくれたお姉ちゃんが好印象だったので、荒んだ私の心が、少しばかり、癒された。

家に到着し、弁当を食べた。

弁当を食べた

右側の奥歯が既述の事態になっているので、左の奥歯にて噛んで食べるのが当然になっている。

ところが…

謎の違和感が発生!

「スー」っとした謎の違和感が発生…。微妙に左側が痛いのだ。やばい、こちらにも虫歯が出来てしまったのか?否、次の金曜日に歯医者に行くから、それまで持つだろう、とたかをくくっていた。違和感はするけど大丈夫!という根拠の無い安心感があったので、特段、意識もしなかった。

そうこうしている内に風呂が沸いたので、風呂に入ったのだが…

歯が痛くなった!

風呂に入った瞬間、左側の奥歯に激痛が発生。これは痛い!耐えきれないぐらいの痛さだった。

ああ、やってしまった…。新たに虫歯を作ってしまい、しかもその進行が私の予想を超えていた…。我慢の許容範疇を余裕で越える痛さだったので、明日は急遽、会社を休んで、歯医者に行くのを決心した。完全に年貢の納め時であった。

翌日、即ち、今日。会社に電話を入れて「歯が痛くなったのと、病院の予約が何時取れるか分からないので、休みます」と伝えた。更に、10時に行き付けの歯医者に当日診察が可能かどうか、聞いた。「生憎、1週間以上先、埋まっていまして…」。

完全に終わった…

完全に終わった…。

行き付けの歯医者では、もう当日診察は不可能になってしまったらしい…。昔は受け入れてくれたのだが、患者が増加したのか…。惜しむらくは無痛の治療をしてくれる希少な歯医者だったのと、治療期間が短い上に先生の腕も確かだったので、個人的には、とても気に入っていた所だった。

是が非でも今日中に歯医者へ行かなければ、いけない

わざわざ今日を休みにした手前、是が非でも当日診察を受け入れてくれる歯医者を探した。すると…

「当日診察受け入れます、無痛の治療を心掛けています」と標榜している歯医者を発見。自宅から歩いて15分の所だ、余裕で行ける!

サイトから、1時間半後の診察予約をした。

今時の歯医者凄い!

重い足取りで歯医者に行く

足が重い状態で、歯医者に到着。「はぁ…やらかしたなぁ…」と自分自身を呪いながら、問診票を書く。初診だから時間が掛るのを懸念していた。

暫くすると、名前を呼ばれた。診察室へ案内された。

診察室へ案内された

えええええ!診察室が個室なの!!!

これでびびってしまった私…。そう、私が今まで通院していた歯医者は個室治療では無かったのだ…。

更に!!!

キテレツ大百科がネット放映されていた

大画面のPCモニターあったのも驚愕。今時の歯医者は、これが普通なのか?と思っていると、PCモニターには「キテレツ大百科」が放映されていたと言う…。懐かしいね!

そうしていると、先生がやって来た。右奥歯の銀歯が取れているのと、左側が昨晩から痛くなった旨を説明。

先生がやって来た

「では今の歯の状態を見てみましょうか」と言い、早速歯の中を拝見。「カシャ!」っと音がしたので、何だ?と思っていると、歯の状態がPCモニターに写し出されていた。ええええ!歯の状態を見せて貰えるの!確かに、説明はあったけど、実際の状態を見せて貰うのは、初めてだった。

「あー右側の詰め物、確かに剥がれていますね。そして昨日痛み出した左側も虫歯になっていますね。詰め物の所はレントゲンを撮らないと分からないので、レントゲン御願いしますね」。という事で、レントゲン撮影をし、再び診察室へ…。

「写真見ると分かると思いますが、詰め物が剥がれたのは、虫歯が出来た所為ですね。そして、左側の下には膿が出ていますね。」。ううううう…膿が出るまで、放置していたのか私は…。

「そして治療なのですが、先ずは最初、薬剤を入れますね。この薬剤で虫歯の進行を止めてまして、健康な歯を可能な限り、削らない様にします。抗生物質を処方しますので、これも飲んで下さいね」と。

何だか凄いぞ!

凄い!それまで「虫歯=歯を削る治療」というイメージしか無かったのだが、この歯医者では、歯の削りを必要最小限にまで止めておく治療方針だったのだ。この一言で、抱いていた歯医者の概念が一気に崩落したのは、言うまでも無い…。

薬剤を入れて、初回の治療は終了。

カルチャーショックを受けたかの如く衝撃を受けた歯医者であった。今時の歯医者は、そうなのかも知れないが…。

良い歯医者で助かった!

初診だったが、待ち時間含めても30分で終わったし、先生も好印象だったので、今度はここの歯医者にお世話になろうか、と思う。

皆様も歯を大事にして下さいね…。