思わず面を食らった事があったのだ。

若葉の外人タンクに遭遇

最近、サブ垢の課金を再開し、時々、レベリングを行っている。レベル20台なので、ルーレットもレベリングのみしか開放していないのだが、驚異レベルでノーマルサスタシャに当たるのだ。

サブキャラ、アメリーです

サブ垢、もとい、サブっ子のクラスは、巴術。勿論、将来はメインと同様に学者を…と考えているが、それが叶うのは、何時になるのだろうか?

ところで、意外かも知れないが、私は学者をメインにしている割には、「DPSとしてペットを使役していた期間が短期間」だったので、むーたんの操作には、新鮮さを感じる。最もDPSから遠ざかっているので、余計にそう感じるのかも知れない。

むーたん召喚!

さぁ…むーたんを召喚したぞ!

ではCFでレベリングルレを申請だ!

ぽちっ!

………。

…………ん?

ん?ん?ん?

しゃきんない!

あれ?ヒーラーで申請すると、レンリングルレは即しゃきになるのに、しゃきらない!

あっ!

そうだDPSだった…

DPSだから、待たされるんだった!

いやー、DPSって、こんなに待たされるんですねー!

という事で、約15分程で、しゃきった。想定通り、ノーマルサスタシャだった。

新規の若葉マークが、私以外というのが結構多々あるので、新規が増えているんだなーと実感した。

ところが、今回、面食らった事があったのだ。

以下SS撮影していないので、文章だけになります、御容赦を!

例の如く私以外は若葉マーク、その中で、1人完全な初見なヒーラーが居た。つまり初めてのIDデビューだった訳だ。

ところがそのヒーラーは、途中で回線落ちしてしまった。それにも関わらず、若葉のタンクは先に進行する。私は「待て!」と何回もチャットしたのだが、全然進行を止める気配は無い。嫌な予感がしたので、定型文で「待って下さい」とチャットしたら、英語で答えが返ってきた。

こらー外人!日本語が分からないなら、JPデーターセンターに来るなよ!

しかもヒーラーが回線落ちしていて、PTウィンドウの文字が薄くなっているにも関わらず、英語で「ヒーラーは何処に行った?」と言う有様。

外人のタンクが、初心者なのは分かるが、それ以前に、コミュニケーション取れない場に堂々と来るのが、個人的に解さぬ。最も、それが向こうの国の気質なのかも知れぬが。

数分してそのヒーラーは無事に戻って来た。これで終わりだったら、まだそのタンクを許せるのだが、ラスボス戦でヒーラーがムービー見ているのに、また勝手に進行していたと言う。流石に私も呆れてしまい、敢えて、そのヒーラーがムービーを見終わるまで、戦闘に参加しなかった。

何とかラスボス戦の空間が閉鎖される前に、ヒーラーが間に合ったから、良かったものの、私が、そのヒーラーの立場だったら、面食らってもうFF14はプレイしていなかったかも知れない。

ラスボス戦終了後、そのタンクが日本語を分からないのを良い事に私は

「このゲームは時々、今の様に日本語の分からない外人が、紛れ込む時があるが、気にしないで下さいね」と精一杯の皮肉を言ったヒーラーは「有り難う御座います」と言っていたが、初めてのIDデビューで頭の悪い輩に遭遇と、思うと、気の毒に思う。

以上、私が、面食らった出来事である。

勿論、私自身も英語で、もう少しコミュニケーションを図れずだったのも反省すべき事であるが…。改めて英語をもう少し勉強しないとダメだな、と痛感した。

おまけ:アイメリク・コスチュームセットを購入

閑話休題。

巷間ではエッダちゃんの装備を良く見る。可愛いと思うが、生憎私の操作しているキャラは男なので、当然、装備不可だ。

でも折角セールをやっているのと、装備の課金は一度もせずだったので、これを機会にアイメリク・コスチュームセットを購入してみた。

アイメリクの装備

長らく、愛用していたハイアラガンヒーラー装備と同様、コート系なのと、細かく描かれた柄が個人的に好み。足装備は付属していないので、自分が所持している装備品で代替えした。

後ろ姿はこんな感じ

暫くは、この装備にしてみようと思う。色も好きな青色だし!