もんち君から「プロトアルテマ戦に行こうぜ!」と、いきなり誘いが来た。

な…何じゃこれは!プロトアルテマ戦

プロトアルテマ戦行こうよ!

「ああ、今回のパッチの目玉だったっけ?」と思いながら、誘いに乗った。取り敢えず「イディルシャイアに来て、クエを受諾だ。それをしないと、オレの二の舞になるぞ」と言われて、クエを受諾。ええ…当然、NPCの台詞なぞ、全く読んでいませんよ、私は!

てっきり、アジス・ラーに行って、モブハンみたいに、皆でプロトアルテマを捜索するものかと思って、期待した。ところが、何故かもんち君がCF申請。「はて?CFなのか…」と思っていると、何故か、ダン・スカーがしゃきった。

私「???何故、ダン・スカーなの?」

もんち「行けば分かるさ!」

これが現実だった…

現実…。

おい!何故、ストーリーの脈絡も関係無しに、ダン・スカーに、プロトアルテマが出てくるんだよ!

何じゃこれはー!ここに、登場させる意味が不明過ぎる…。

スカイプでは当然の事、PTチャットでもボロクソ叫んだ、私であった…。

この衝撃と同様のガッカリ感半端無い…

本気で、ガッカリ感が半端無い。報酬がIL270装備のやつ…そんなもの要らないわい…。はいはい…コンテンツ不足、もう嫌という程、痛感させられた。

死んだふりのエモが楽しい

うーん、毎度毎度、期待外れな事を普通にやらかす開発陣共め…。

とイライラして買ったのが「死んだふり」のエモであった。

死んだふりのエモを買った

このSSでは、非常に分かりにくいのだが、ララオスのケツがとっても目立って面白い。と言うか、あの体勢だと寧ろ首の骨をやられて、本当に死にそうな気がしなくもないが…。

あまりにも、ララメスの死んだふりがごく普通なので、元のヒューランに戻ってみた。

ハタ迷惑な2人組

ヒューランの方が、倒れ方が面白かったかな?

そして、家の近くのマケボの上に乗って、死んだふりエモで遊びまくる、というハタ迷惑な遊びをする、2人組。

表情エモやカメラアングル次第では、面白いSSが作れるかも知れない。

ペア攻略再び…

魅了されたままでラムウ戦終了

久々にペア攻略を行った。もんち君は相変わらずの戦士で、私が占星術士が60になったので、学者の代わりに占星術士で挑戦。ILも高くなり、またカードの運要素もあるかも知れないが、どの極系コンテンツは容易にクリア。特におでん戦は、一発で難なく攻略終了。アーゼマ最強だろう…。

学者も強いが、占星術士の方が強いと感じた。ペア攻略はコンテンツの相性と考えながら、今後、戦士と占星術士の方向で行う感じになりそうだ。


FINAL FANTASY XIV(FF14)ランキングへ